おでんの種の回顧日誌

現在、過去、未来、私を形成する何かを綴っていくものです。

【日記】観に行けたよ「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。今までのエヴァンゲリオンを含め、終わりの作品であり新しい一歩の作品。

 本日、ようやく観に行くことができた「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。

 平日の朝ゆえに人が少なく、じっくり観ることができました。

 ついに終わりを迎えましたね。

 私自身の中でも終わりを迎えたように思います。

 

youtu.be

 

youtu.be

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

 テレビ版から映画と観ていき、ループ説はかなり濃厚な考察として挙がっていましたが、そこも今回明らかになります。

 また、それぞれの想いの内、願いも明らかになりました。

 感想としてはみんな内に抱えすぎて本音を隠しすぎていたのだな、と思いました。

 これも一つのATフィールドの所為かもしれませんね。

 最後の展開は、現実と虚構の展開を見せつけつつ、謎を解明、捕捉(補足)しており、なおかつ最後の最後は現実への一歩を提示してくれました。

 私自身としてはかなり納得のいく終わりでした。

 そして、もう一度観たい気持ちはありますね。

 考察も色々とあるでしょうが、自分の中ではようやく幕が下りたような感覚を得ました。

 

 この場でひっそりではありますが、お礼申し上げます。

 映画関係の皆様ありがとうございました。

 生きている間に観れたことを感謝。

 

 ありがとう!!